消費者金融の審査でチェックされる項目

消費者金融の審査内容は、一般には公開されていません。ただし、審査可否の傾向を確認すると、注意点が明確になります。
まず、消費者金融の審査の初期段階には、属性スコアリングでの判断が行われます。勤務形態や勤務年数、年収など安定した収入がわかる項目、そして居住形態や居住年数などで支払いに関する良好な状況の確認をします。これらの項目で申込者情報を得点化して、審査通過可否を判断する土台とします。

次に、提供された情報をそれぞれ確認する作業があります。実際に勤務しているか在籍確認をし、信用情報を照会して現在の借り入れ状況の有無や金額、クレジットカードなどを含めた支払履歴を見ています。延滞や滞納の履歴も審査結果には影響しますが、順調に支払っているなら良好な履歴として良い意味で審査に影響します。
最終的には機械的に診断する属性スコアリングよりも、人的作業で行う確認作業や判断が重要です。そのため、信用できないと思われるような行動を避けましょう。

勤務年数や年収など数字に関わる情報は、できるだけ正確に申告することが求められます。最近ではWEB申し込みが使えるようになり、パソコンやスマホで入力することが増えています。単なる入力ミスでも、間違いカ所が多くなるほど虚偽の申請を疑われる可能性が高くなるので注意が必要です。

審査でチェックされる項目を把握しておけば、審査通過しやすくするコツに活用できるでしょう。