消費者金融の審査について

消費者金融の審査になんとしても通りたいときにチェックするポイント

消費者金融でお金を借りたいのだけど、色々な面で不安が多いなというようなことは多いと思います。
特にはじめても方ですと、何をしたらいいのかわからないようなことが多いでしょう。
そんなときに、ちゃんと審査に通過するためには、どんな点をチェックすべきであるのか? というのを紹介したいと思います。

1 まずは書類や記載事項のチェックをしっかりしよう

消費者金融で落ちたりするようなケースでよくあるのが記載事項の抜けや必要書類がそろっていないことがあります。
初めての場合ですと、特に慣れないことですから良く理解できていないまま何か抜けてしまったりするケースがあります。
こういったことがないように、どこに何を書けばいいのかや必要な書類は何があるのかをしっかり確認することが重要です。
重要部はマーカーで塗ったりして、見やすいようにするなど工夫しましょう。

2 他に借金などはありませんか?

審査に通らないケースには、他の会社に借金があることも理由です。
やはり、お金を借りている額が多いと、返済能力というのは疑問を持たれるのは当然です。
借金をしていないならそんなに心配はありませんが、他にあるとなれば、やはり不安です。
借金があるときにはできる限り返済をしておき、総額が少ない状態で審査に臨みましょう。

3 審査の際の在籍確認はしっかりと

在籍確認の電話も、出ないとお金を借りられないという事態になる原因です。
電話確認は、その人がそこにしっかりといるかどうかの確認ですので、確実に電話に出ないと存在を怪しまれたりして
審査におちるということがあります。

近年では在籍確認はいらないケースもありますが、ある場合には確実に電話に出るようにしましょう。

消費者金融の審査でチェックされる項目

消費者金融の審査内容は、一般には公開されていません。ただし、審査可否の傾向を確認すると、注意点が明確になります。
まず、消費者金融の審査の初期段階には、属性スコアリングでの判断が行われます。勤務形態や勤務年数、年収など安定した収入がわかる項目、そして居住形態や居住年数などで支払いに関する良好な状況の確認をします。これらの項目で申込者情報を得点化して、審査通過可否を判断する土台とします。

次に、提供された情報をそれぞれ確認する作業があります。実際に勤務しているか在籍確認をし、信用情報を照会して現在の借り入れ状況の有無や金額、クレジットカードなどを含めた支払履歴を見ています。延滞や滞納の履歴も審査結果には影響しますが、順調に支払っているなら良好な履歴として良い意味で審査に影響します。
最終的には機械的に診断する属性スコアリングよりも、人的作業で行う確認作業や判断が重要です。そのため、信用できないと思われるような行動を避けましょう。

勤務年数や年収など数字に関わる情報は、できるだけ正確に申告することが求められます。最近ではWEB申し込みが使えるようになり、パソコンやスマホで入力することが増えています。単なる入力ミスでも、間違いカ所が多くなるほど虚偽の申請を疑われる可能性が高くなるので注意が必要です。

審査でチェックされる項目を把握しておけば、審査通過しやすくするコツに活用できるでしょう。

消費者金融の審査を通過するコツ

最近ではCMでも消費者金融の宣伝もしており身近なものとなって皆さんの目に触れることも多くなってきているかと思います。昔の消費者金融といえば「借金」というあまり良くないイメージでしたが最近では気軽に借りられるということで主婦や学生も利用しているくらいです。そんな中で実際に消費者金融の利用出来る審査を通過するコツをお伝えします。必ずではないので参考程度にしてください。

消費者金融の利用の申し込みの際には必ず「本当の事を全て話す、伝える」という事です。当たり前の事ですが申し込みだから少しくらい適当に書いてもいいか、等といい加減な態度や方法を取ると取り返しのつかないことになります。仮にあなたがもし友人にお金を貸すとしたらどうでしょうか?信用している友人ならいいですが、この人には貸しても大丈夫かな?と思うような信用性のない人もいませんか?

消費者金融も考え方は同じでまず第一にその人を見ます。申し込みの際に虚偽の申請をしていないか、信用してお金を貸しても大丈夫なのか、という事を見ます。必ず本当の事を書いてください。収入が少ないから少し多く書きたいと思っても本当の事を書いてください。収入は次の問題になってくるのでまずは最初の段階の審査を通過するためには本当の情報を伝えることです。