消費者金融について

今の大手消費者金融ならかなり素早い時間でお金を借りることは可能

現在の消費者金融では、即日融資が当たり前のようにできるようになっていることができますが、
大手の消費者金融など早ければお金を借りる時に、審査時間については最短で30分、そこからお金を借入するまでの時間が1時間とかなり早い時間でお金を借入することが可能なのです。

このような即日融資が可能となっているのは、多くの顧客データの存在であり、データによっておおよそどれくらいのお金が借りれるかや返済が可能かどうかというのが判断できるようになったので、融資の適否が素早く判断ができるようになったのが即日融資が可能となった理由なのです。

大手の消費者金融であれば、そのデータは多く、設備も整っているからこそ、お金を素早く借りれるのです。

後は、審査時に書類ミスがなかったり、時間がかかるような条件の提示をしないことや、電話確認の際にしっかり電話にでることなど
間違いがないようにすれば、即日融資はほぼ誰でもできると言っていいくらい簡単にできます。

お金を借りるのも今となっては素早くお金を借りることが可能ですから、お金はないけどお金がすぐ欲しいというときでも大手の消費者金融でお金を借りるときには、困るようなことは少なくなってきているのです。

消費者金融でお金借りるのって怖くない?

消費者金融でお金を借りるっていう事を思い浮かべると、なんとなく恐い人からの取り立てがあるんじゃないかとか、
金利が高すぎてお金を借りるとものすごい利子を返済しないといけないといったようなネガティブなイメージが強くありませんか?
確かに、少し昔の話ですと、金利というのも結構高い利率がついているようなことが多いですし取り立てが厳しいような話もありました。

ですが、一部の闇金融といったようなところでなければほとんど気にするようなことはないといえます。
近年では、総量規制やグレー損の金利の撤廃といったようなことがあり、金利面は年利でも20パーセントまでしかつけることはできませんし、
お金も一定上は借り入れができないように規制がされていますのでお金を借り過ぎるようなことがないようにしっかりと管理されています。

また、お金を無理やり取り立てようとすると、今度は逆に業者の側が法律で罰則を受けたりするので、そういったこともほとんどありません。
返済に困ったりしたときには、業者の側も丁寧な対応で相談に乗ってくれたり、返済を待ってくれたりもするようなケースもあるくらいです。

ですので、今の世の中では、そこまで消費者金融でお金を借りることが大きなリスクがあるとは言えないような状況といえます。

消費者金融の金利と設定の理由について

消費者金融の金利というのは、意外に会社によって大きな差はないケースが多いです。

大手の場合ですとちょうど上限が17~18%くらいが上限という感じで、利息制限法が規定している金利の20%からかなり近い感じになっています。
下限ですとおおよそ3パーセントから4パーセントあたりが一般的な金利の設定です。

これが中小の消費者金融になりますと、おおよそ上限ぎりぎりの20パーセントの設定が多く、下限も借入限度額が低いこともあり
10%前後とかなり高めの設定になっているというのも珍しい話ではないです。
銀行系のカードローンに比べると金利は高いといえましょう。

このような設定になっている理由としては、基本的には金利というのは借り入れがしやすいところほど高く、少ないところは審査が通過しにくいようになっています。
銀行系カードローンは基本審査の通過率が低胃ですが、その分返済能力の高めの人が借りれるようにしているために、金利は低めになっていても採算が合うようになっています。

一方で消費者金融は審査に通過しやすいですが、顧客は返済能力が高いとは言えない人が多いですから、消費者金融はかなり高い金利でないとリスクヘッジができないからこそ金利が高いのです。

消費者金融を利用するメリットについて

消費者金融を利用するメリットは色々あります。

まず消費者金融は銀行でお金を借りるよりも審査が比較的甘くて簡単にお金を借りられることです。銀行で借りる場合は厳正なチェックをしその人が本当に返済能力があるかどうかしらみつぶしに調べてしまうため審査に時間がかかってしまうのが特徴です。その点消費者金融はお金を借りてもらうことが仕事なのでどんどんお金を借りられるように審査が結構甘めになっています。今日どうしてもお金が急に必要になった時に消費者金融に行けばお金が即日借りられるかもしれません。

消費者金融は近年の貸金業法の改正によって金利の規制がとても厳しくなりお金を借りる人にとってはかなり利用しやすくなりました。今まで法律があってなかったような状態から100万円未満でも年14%の金利だけしか払わなくていいようになったので少額の借金でも手軽に借りやすくなりました。さらに100万円以上の借金ならやすい消費者金融なら年10%ぐらいの金利でお金を借りられるため益消費者金融のニーズは高まっているのです。また以前は消費者金融の借金返済の取り立てがひどく社会問題になっていましたがこれも法律改正によって取り締まりが厳しくなり強く取り立てをすることはなくなりました。もし自分が借金が返せない状態になったとしても今は弁護士が簡単に借金返済の手助けをしてくれるためとてもお金が借りやすくなった時代になったと言えます。

消費者金融とはどんなサービスを提供しているのか

消費者金融というのは、要するに無担保で、そして保証人なしで貸してくれる金融サービスを提供しているところです。

では、誰でも貸すのか、といいますと当たり前ですがそんなことはまったくないです。キチンと審査されることになります。審査される内容なのですが基本的には収入と現在の借り入れ額、そして、これまでの金融信用情報に問題がないのか、ということも大事になります。年齢や職業なども審査の対象となります。しかし、まずは収入があってこそ、というのがポイントになってくることでしょう。

ちなみに消費者金融の場合、総量規制という規制が入ることになります。これは年収の三分の一以上を貸すことは駄目、という規制になります。昔はこうした規制が特になかったのですが、あまりにも貸しすぎることが多くなってきたので規制をし始めたのです。政府の規制ですから絶対に守る必要があります。

しかし、そうなりますとそもそも収入がない人は年収の三分の一未満という規制そのものに引っかかることになります。つまりは、貸せないわけです。そうなりますと専業主婦は借りられないとなってしまうのです。ですから、配偶者貸付というやり方も出来るようにもなっています。

必要なときに必要なだけは魅力だが

まず、消費者金融とは人によってはすごく便利なものであり、すごくやっかいなものでもあると思います。
その消費者金融によりますが、特になんの書類もいらずに免許証などだけで早かったら当日にその場で借りられるところもあるのです。

店舗に行くのが1番早いでしょうが、どうしても抵抗があるという方などは、ネットで融資をしてくれるところもあるくらいです。その場合は書類を送ったりと色々な審査もあるので多少の時間はかかります。
即日必要なら直接店舗や、電話。時間があるならネットでといった方法になるでしょう。
会社によっては、すごく審査が厳しかったり、ゆるかったりもします。
ネットであれば、ある程度のごまかしがきくので審査は通りやすいです。

ただ、消費者金融のこわいところは銀行と勘違いしてしまうところです。たいていは月々5千円から1万円ほどの返済になりますが、返済していくうちに枠とゆうものができます。その枠があくとまた借りてしまいがちになります。返したぶんだけ借りられるのは当たり前なのですが利息を払ってる分、損することにはなります。

金利は会社によってばらばらですが、借りるときはできるだけ金利ぐ低い所で借りるのをおすすめします。