消費者金融で借り入れる際には返済方法の確認を!

消費者金融で契約をする際は、最低返済額や返済の仕組みを必ず事前に確認しましょう。

消費者金融の多くでは、返済は分割が可能で、月々一定額以上を入金する仕組みとなっています。
主な返済方法としては、

  • 元利均等返済
  • 元金均等返済

があります。

とても似ている言葉ですが、返済金額に違いがあるため、注意が必要です。
元利均等返済は、毎月決まった金額を完済まで返済する方法となり、元本が多いうちは金利の割合が高くなります。

元金均等返済は、毎月定額の元金と金利を払う方法となり、残りの支払い回数も把握しやすく、元金が減れば金利も減っていきます。
借入額が大きくなればなるほど支払う金利も増えていきます。
そのため、いずれの場合も、当然ですが最低返済額だけを支払っていくと、支払う金額は増え、完済にも時間が掛かってしまいます。

金利を安く済ませるには、可能ならば一括で支払うことをおすすめします。
一括での支払いが難しい場合は、毎月なるべく多めに返済したほうが金利を抑えることが出来ます。

また返済を楽にするためには「必要以上に借り過ぎない」のも大切なことです。
返済の仕組みをしっかり把握した上で、無理ない返済で、完済を目指しましょう。

今の大手消費者金融ならかなり素早い時間でお金を借りることは可能

現在の消費者金融では、即日融資が当たり前のようにできるようになっていることができますが、
大手の消費者金融など早ければお金を借りる時に、審査時間については最短で30分、そこからお金を借入するまでの時間が1時間とかなり早い時間でお金を借入することが可能なのです。

このような即日融資が可能となっているのは、多くの顧客データの存在であり、データによっておおよそどれくらいのお金が借りれるかや返済が可能かどうかというのが判断できるようになったので、融資の適否が素早く判断ができるようになったのが即日融資が可能となった理由なのです。

大手の消費者金融であれば、そのデータは多く、設備も整っているからこそ、お金を素早く借りれるのです。

後は、審査時に書類ミスがなかったり、時間がかかるような条件の提示をしないことや、電話確認の際にしっかり電話にでることなど
間違いがないようにすれば、即日融資はほぼ誰でもできると言っていいくらい簡単にできます。

お金を借りるのも今となっては素早くお金を借りることが可能ですから、お金はないけどお金がすぐ欲しいというときでも大手の消費者金融でお金を借りるときには、困るようなことは少なくなってきているのです。

消費者金融でお金借りるのって怖くない?

消費者金融でお金を借りるっていう事を思い浮かべると、なんとなく恐い人からの取り立てがあるんじゃないかとか、
金利が高すぎてお金を借りるとものすごい利子を返済しないといけないといったようなネガティブなイメージが強くありませんか?
確かに、少し昔の話ですと、金利というのも結構高い利率がついているようなことが多いですし取り立てが厳しいような話もありました。

ですが、一部の闇金融といったようなところでなければほとんど気にするようなことはないといえます。
近年では、総量規制やグレー損の金利の撤廃といったようなことがあり、金利面は年利でも20パーセントまでしかつけることはできませんし、
お金も一定上は借り入れができないように規制がされていますのでお金を借り過ぎるようなことがないようにしっかりと管理されています。

また、お金を無理やり取り立てようとすると、今度は逆に業者の側が法律で罰則を受けたりするので、そういったこともほとんどありません。
返済に困ったりしたときには、業者の側も丁寧な対応で相談に乗ってくれたり、返済を待ってくれたりもするようなケースもあるくらいです。

ですので、今の世の中では、そこまで消費者金融でお金を借りることが大きなリスクがあるとは言えないような状況といえます。

消費者金融の審査になんとしても通りたいときにチェックするポイント

消費者金融でお金を借りたいのだけど、色々な面で不安が多いなというようなことは多いと思います。
特にはじめても方ですと、何をしたらいいのかわからないようなことが多いでしょう。
そんなときに、ちゃんと審査に通過するためには、どんな点をチェックすべきであるのか? というのを紹介したいと思います。

1 まずは書類や記載事項のチェックをしっかりしよう

消費者金融で落ちたりするようなケースでよくあるのが記載事項の抜けや必要書類がそろっていないことがあります。
初めての場合ですと、特に慣れないことですから良く理解できていないまま何か抜けてしまったりするケースがあります。
こういったことがないように、どこに何を書けばいいのかや必要な書類は何があるのかをしっかり確認することが重要です。
重要部はマーカーで塗ったりして、見やすいようにするなど工夫しましょう。

2 他に借金などはありませんか?

審査に通らないケースには、他の会社に借金があることも理由です。
やはり、お金を借りている額が多いと、返済能力というのは疑問を持たれるのは当然です。
借金をしていないならそんなに心配はありませんが、他にあるとなれば、やはり不安です。
借金があるときにはできる限り返済をしておき、総額が少ない状態で審査に臨みましょう。

3 審査の際の在籍確認はしっかりと

在籍確認の電話も、出ないとお金を借りられないという事態になる原因です。
電話確認は、その人がそこにしっかりといるかどうかの確認ですので、確実に電話に出ないと存在を怪しまれたりして
審査におちるということがあります。

近年では在籍確認はいらないケースもありますが、ある場合には確実に電話に出るようにしましょう。

消費者金融の金利と設定の理由について

消費者金融の金利というのは、意外に会社によって大きな差はないケースが多いです。

大手の場合ですとちょうど上限が17~18%くらいが上限という感じで、利息制限法が規定している金利の20%からかなり近い感じになっています。
下限ですとおおよそ3パーセントから4パーセントあたりが一般的な金利の設定です。

これが中小の消費者金融になりますと、おおよそ上限ぎりぎりの20パーセントの設定が多く、下限も借入限度額が低いこともあり
10%前後とかなり高めの設定になっているというのも珍しい話ではないです。
銀行系のカードローンに比べると金利は高いといえましょう。

このような設定になっている理由としては、基本的には金利というのは借り入れがしやすいところほど高く、少ないところは審査が通過しにくいようになっています。
銀行系カードローンは基本審査の通過率が低胃ですが、その分返済能力の高めの人が借りれるようにしているために、金利は低めになっていても採算が合うようになっています。

一方で消費者金融は審査に通過しやすいですが、顧客は返済能力が高いとは言えない人が多いですから、消費者金融はかなり高い金利でないとリスクヘッジができないからこそ金利が高いのです。

消費者金融の審査でチェックされる項目

消費者金融の審査内容は、一般には公開されていません。ただし、審査可否の傾向を確認すると、注意点が明確になります。
まず、消費者金融の審査の初期段階には、属性スコアリングでの判断が行われます。勤務形態や勤務年数、年収など安定した収入がわかる項目、そして居住形態や居住年数などで支払いに関する良好な状況の確認をします。これらの項目で申込者情報を得点化して、審査通過可否を判断する土台とします。

次に、提供された情報をそれぞれ確認する作業があります。実際に勤務しているか在籍確認をし、信用情報を照会して現在の借り入れ状況の有無や金額、クレジットカードなどを含めた支払履歴を見ています。延滞や滞納の履歴も審査結果には影響しますが、順調に支払っているなら良好な履歴として良い意味で審査に影響します。
最終的には機械的に診断する属性スコアリングよりも、人的作業で行う確認作業や判断が重要です。そのため、信用できないと思われるような行動を避けましょう。

勤務年数や年収など数字に関わる情報は、できるだけ正確に申告することが求められます。最近ではWEB申し込みが使えるようになり、パソコンやスマホで入力することが増えています。単なる入力ミスでも、間違いカ所が多くなるほど虚偽の申請を疑われる可能性が高くなるので注意が必要です。

審査でチェックされる項目を把握しておけば、審査通過しやすくするコツに活用できるでしょう。

消費者金融の審査を通過するコツ

最近ではCMでも消費者金融の宣伝もしており身近なものとなって皆さんの目に触れることも多くなってきているかと思います。昔の消費者金融といえば「借金」というあまり良くないイメージでしたが最近では気軽に借りられるということで主婦や学生も利用しているくらいです。そんな中で実際に消費者金融の利用出来る審査を通過するコツをお伝えします。必ずではないので参考程度にしてください。

消費者金融の利用の申し込みの際には必ず「本当の事を全て話す、伝える」という事です。当たり前の事ですが申し込みだから少しくらい適当に書いてもいいか、等といい加減な態度や方法を取ると取り返しのつかないことになります。仮にあなたがもし友人にお金を貸すとしたらどうでしょうか?信用している友人ならいいですが、この人には貸しても大丈夫かな?と思うような信用性のない人もいませんか?

消費者金融も考え方は同じでまず第一にその人を見ます。申し込みの際に虚偽の申請をしていないか、信用してお金を貸しても大丈夫なのか、という事を見ます。必ず本当の事を書いてください。収入が少ないから少し多く書きたいと思っても本当の事を書いてください。収入は次の問題になってくるのでまずは最初の段階の審査を通過するためには本当の情報を伝えることです。

消費者金融を利用するメリットについて

消費者金融を利用するメリットは色々あります。

まず消費者金融は銀行でお金を借りるよりも審査が比較的甘くて簡単にお金を借りられることです。銀行で借りる場合は厳正なチェックをしその人が本当に返済能力があるかどうかしらみつぶしに調べてしまうため審査に時間がかかってしまうのが特徴です。その点消費者金融はお金を借りてもらうことが仕事なのでどんどんお金を借りられるように審査が結構甘めになっています。今日どうしてもお金が急に必要になった時に消費者金融に行けばお金が即日借りられるかもしれません。

消費者金融は近年の貸金業法の改正によって金利の規制がとても厳しくなりお金を借りる人にとってはかなり利用しやすくなりました。今まで法律があってなかったような状態から100万円未満でも年14%の金利だけしか払わなくていいようになったので少額の借金でも手軽に借りやすくなりました。さらに100万円以上の借金ならやすい消費者金融なら年10%ぐらいの金利でお金を借りられるため益消費者金融のニーズは高まっているのです。また以前は消費者金融の借金返済の取り立てがひどく社会問題になっていましたがこれも法律改正によって取り締まりが厳しくなり強く取り立てをすることはなくなりました。もし自分が借金が返せない状態になったとしても今は弁護士が簡単に借金返済の手助けをしてくれるためとてもお金が借りやすくなった時代になったと言えます。

消費者金融とはどんなサービスを提供しているのか

消費者金融というのは、要するに無担保で、そして保証人なしで貸してくれる金融サービスを提供しているところです。

では、誰でも貸すのか、といいますと当たり前ですがそんなことはまったくないです。キチンと審査されることになります。審査される内容なのですが基本的には収入と現在の借り入れ額、そして、これまでの金融信用情報に問題がないのか、ということも大事になります。年齢や職業なども審査の対象となります。しかし、まずは収入があってこそ、というのがポイントになってくることでしょう。

ちなみに消費者金融の場合、総量規制という規制が入ることになります。これは年収の三分の一以上を貸すことは駄目、という規制になります。昔はこうした規制が特になかったのですが、あまりにも貸しすぎることが多くなってきたので規制をし始めたのです。政府の規制ですから絶対に守る必要があります。

しかし、そうなりますとそもそも収入がない人は年収の三分の一未満という規制そのものに引っかかることになります。つまりは、貸せないわけです。そうなりますと専業主婦は借りられないとなってしまうのです。ですから、配偶者貸付というやり方も出来るようにもなっています。

必要なときに必要なだけは魅力だが

まず、消費者金融とは人によってはすごく便利なものであり、すごくやっかいなものでもあると思います。
その消費者金融によりますが、特になんの書類もいらずに免許証などだけで早かったら当日にその場で借りられるところもあるのです。

店舗に行くのが1番早いでしょうが、どうしても抵抗があるという方などは、ネットで融資をしてくれるところもあるくらいです。その場合は書類を送ったりと色々な審査もあるので多少の時間はかかります。
即日必要なら直接店舗や、電話。時間があるならネットでといった方法になるでしょう。
会社によっては、すごく審査が厳しかったり、ゆるかったりもします。
ネットであれば、ある程度のごまかしがきくので審査は通りやすいです。

ただ、消費者金融のこわいところは銀行と勘違いしてしまうところです。たいていは月々5千円から1万円ほどの返済になりますが、返済していくうちに枠とゆうものができます。その枠があくとまた借りてしまいがちになります。返したぶんだけ借りられるのは当たり前なのですが利息を払ってる分、損することにはなります。

金利は会社によってばらばらですが、借りるときはできるだけ金利ぐ低い所で借りるのをおすすめします。